- comments
- trackbacks

まだ5月なのに連日、暑い日が続いています。

散歩は涼しい時間に❗


暑い❗と言えない家族です。
私たちがしっかり気をつけてやりましょう❗



犬も熱中症になります!湿気にも弱いです!


私たち人間の体感温度が37度くらいの日には、
犬たちには40度以上に感じるそうです。


犬はもともと寒さに強く出来ている生き物です。
暖かな被毛に覆われ、体温の低下を防ぐために肉球以外に汗腺がないので
口で息をすることで体内の温度を下げます。
そのため暑さには非常に弱い生き物でもあります。

熱中症とは、その体温調節の限度を超えて体温が上昇するために起こる病気です。


原因は?

・梅雨明けなどで急に気温の上がった日にエアコンのスイッチを入れるのを忘れて外出

・室内でも換気が悪く、湿度が高い

・陽射しの強い場所に置いた車の中に犬をおいたまま

・外につながれて自分で涼しい場所に移動することが出来ない

・日中の照り返しの強いアスファルトの上の散歩

・暑い中での急激な運動
         
などなど。

また、犬種や体型などによっても熱中症を引き起こすことがあります。
鼻の短い犬種はもともと気管の構造によって、
呼吸がしづらいため他の犬種に比べて体温調節が難しい。
また、太っている子は首の周りにもたっぷり脂肪がついて気管を圧迫するので
スリムな体型の子にくらべて呼吸がしづらくなったりします。


症状は?

・はぁはぁと呼吸が浅く速い→初期症状
・暑さで元気がなくなる→初期症状

・ぐったりして元気がなくなる。→要注意
・目の充血、耳の内側や口の粘膜の赤みが強くなる→要注意

・呼吸が浅く、粘り気のあるよだれを流している→すぐ病院へ
・体温が41℃以上になる→すぐ病院へ
・下痢や嘔吐、痙攣や発作を起こす→すぐ病院へ
・酸欠・脱水症状→すぐ病院へ

放置しておくとショック状態を引き起こし、
死に至ることも多々あります。

※症状は必ずしも順番どおりに進行するわけではありません。
嘔吐や下痢、けいれんは意識を失ってから、
あるいは意識を失うと同時に起こることもありますし、
そのような症状をまったく起こさないで短時間で死に至ってしまうこともあるのです。


少しでも熱中症の疑いがあれば、応急処置をして必ず病院に連れて行ってください。


どんな犬種に多い?
熱中症には、かかりやすい犬種やタイプがあります。

・鼻の短い短吻種   
シーズー、ボストンテリア、パグ、ブルドッグ、ボクサーなど
・北方生まれの犬種  
シベリアン・ハスキー、ボルゾイ、サモエドなど
・被毛が厚い犬種   
ボーダーコリー、グレート・ピレニーズなど
・肥満気味の犬    
脂肪によって体温が下がりにくい
・子犬、老犬       
環境や気温の変化に適応しにくい
・体調が弱っている犬 
暑さの影響を受けやすい
・毛色が黒い犬    
太陽の熱を吸収しやすい

※もちろん呼吸機能に問題のない健康な犬でも
屋外で長時間、強い直射日光を浴び続ければ、
熱中症になる可能性は十分にあります

治療は?

とにかくすぐに冷やしましょう。
すぐに冷やして体温を下げることが第一です。

【意識がある場合】
・屋外の場合は、まず日陰に連れて行く
・少しずつ水を飲ませ、お風呂場(屋外の場合はケージを分解するなど)、
 タライなどで体全体に水をかけたり、保冷剤を当てたりして、
 体の内外から冷やして体温を下げましょう
・首もと、脇の下、後ろ脚の付け根などを冷やし、
 脳に行く血液を冷やすのが効果的と言われています

※ただし氷水など冷たすぎる水は体表の血管を収縮させ、
結果として熱放散を妨げてしまい逆効果になるので避けましょう

また、飲み物は普通のお水よりスポーツドリンクなど
ナトリウムが入っているもののほうが体になじんで水分がうまく吸収されるため、
緊急時にはスポーツドリンクなどあればそれを飲ませましょう。

【意識が無い場合】
意識がない場合は、点滴で水分を補給することが必要です。
そのため動物病院へ連れて行くことになりますが、
まずは犬の体にたっぷり水をかけ、急いで体温を下げる努力をすること。
移動の間も窓を開けるなどして風通しをよくし、
濡れたバスタオルや保冷剤で体を冷やしながら運びましょう。

※飼い主さんが慌ててしまい何もできないでいることが、
その子の状態をさらに悪化させてしまいます。
落ち着いてとにかく体を冷やすことを念頭においておきましょう

体温を下げて症状が落ち着いたからといっても、油断は禁物。
見た目は平常に戻っていても、
体内の循環器や臓器がダメージを受けている可能性がありますので
必ず動物病院で診察を受けるようにしましょう。


対策は?

【家にいる場合】
・家中のドアを開放して換気を良くし、
 犬が移動できるスペースを広く取ってあげるようにする
・日のあたる窓はカーテンを閉める
・愛犬だけ留守番の場合は、エアコンをつけて出かける
・ケージでお留守番をさせる場合は、ケージの置き場所を考える
・新鮮な水を常においておく
・市販のクールマットや凍らせたペットボトルなどを置く

※犬は温度よりも湿度に弱いので、
蒸し暑い日は、エアコンの温度設定を思いっきり下げるよりも
ドライ設定で湿度を下げるほうが、効果があります。

犬が快適に過ごせる環境は、だいたい室温23℃~25℃で湿度50%といわれています

※クーラーを効かせすぎると、関節炎を引き起こしてしまったり、
体調を崩してしまったりすることもあるので、
あまり強くかけないようにしましょう

【屋外の場合】
犬を外で飼っている場合、日中はかなり気温が高くなります。
特に南向きで日陰がなく、土もないような場所では、
確実に熱中症、熱射病になってしまいます。
そのような場所で飼っているのであれば、
夏だけ違う場所に移動してやるなど工夫が必要です。

●戸外での熱中症予防には
・直射日光の当たる場所にはつないでおかない
・風通しのよい日陰に犬がいられるようにする
・コンクリートよりも土のある場所にいられるようにする
・水をまく
・新鮮な水を常に置いておく

●出かける時の注意事項
夏の暑い日は安易に犬を連れて出かけないようにしましょう。
人間よりも体高が低く、地面近くを歩く犬は照り返しによる放射熱を受けやすく、
一緒に歩く人間の想像以上に暑さの影響を受けます。
また、高温のアスファルトやマンホールの上を歩けば、
足の裏(肉球)がやけどする
という別の危険性もあります

・地面のアスファルトを触って、熱くないかをチェックする
・散歩は、早朝か夕方以降に行くようにする
・出来るだけ日陰を歩くようにする
・海など日陰のない場所には、連れて行かない
※海水浴などに犬を連れて行くことがあると思いますが、
浜辺は日陰がなく、砂浜は非常に熱いので、熱中症になる危険性が高いです
・ちょっとの時間でも車内で留守番させない
・小型犬でキャリーバッグに入れて移動する場合は、
 保冷剤やアイスノンをタオルにくるみ、キャリーバッグの底に敷く
(*保冷剤などの誤飲に注意してください)
・バンダナに保冷剤などを入れて首に巻く
・毛色が黒い犬などは、白いTシャツを濡らして着せる





それぞれのご家庭にあった
熱中症対策で楽しい毎日をお過ごしください




*   *   *   *   *   *   *   *   *   * 

フィラリア予防の季節です!

フィラリア症は防げる病気です。

正しい知識で正しい予防を!

詳しくはこちらをクリック!


*   *   *   *   *   *   *   *   *   * 

***お願い***
メールを送信後、3日以上経ってもBCFより返事がない場合は、
迷子メールの可能性もあります。
お手数ですが、再度ご連絡いただきますようお願いいたします。

- comments
- trackbacks

●収入 

前年度繰越 1,236,191

支援金 50,000
譲渡負担金 25,000
年会費 100,000
グッズ売上 29,295

収入計 1,440,485.―


●支出

医療費 188,974
通信費 8,084
訓練費 55,000
その他 188,230

支出計 440,288.―


●次年度繰越 1,000,198.―




- comments
- trackbacks

2016年9月より5月7日現在の収支を報告いたします。

報告が遅くなり、申し訳ありません。



●収入

9月10日
年会費(2015年度、2016年度)
10,000円

9月10日
支援金 本の売上
1,000円

10月19日
支援金 本の売上
1,600円

2月12日
支援金 Fさま 
30,000円

3月15日
譲渡負担金 保護犬No.84 レイ
35,000円

3月16日
年会費(2017年度)×2名分
10,000円

3月17日
年会費(2017年度)
5,000円

支援金 川道卓司様
30,000円

3月21日
年会費(2017年度)×2名分
10,000円

3月26日
譲渡負担金 保護犬No.83 ファルコ
5,000円

年会費(2017年度)
5,000円

3月30日
譲渡負担金 保護犬No.85 のどか
20,000円

4月8日
年会費 2017年度
5,000円

4月19日
年会費 2017年度
5,000円

4月20日
支援金
さくらママ様
10,000円

4月25日
年会費(2017年度)
5,000円

4月28日
年会費(2017年度)
5,000円



●支出


☆保護犬No.81 チョコ

8月11日
その他 
宿泊費 4,320円

高速代(三田西⇔福知山)2,940円

ガソリン代(@120×20リットル2,400円

9月10日
医療費 フロントライン 3,960円

9月17日
医療費 血液検査
7,275円

10月15日
その他
高速代
(大山崎⇔浜松)2,920円
(西宮⇔大山崎)8,760円

ガソリン代(@129×60リットル)7,740円

医療費
フロントライン 3,960円


☆保護犬No.82 ビショップ

8月25日
その他
高速代
(川西→福島)720円
(箕面有料)410円
ガソリン代(@120×40リットル)4,800円

9月21日
医療費 目薬、ほか 3,200円

9月25日
その他
高速代(三田⇔東大阪北)3,400円
ガソリン代(@115×10リットル)1,150円


☆保護犬No.83 ファルコ・No.84 レイ

2月12日
その他
高速代
(大山崎⇔浜松いなさ)11,640円
(大山崎⇔西宮)2,920円
(大山崎⇔長岡京)3,000円

ガソリン代
(@130×31リットル)4,000円
(@141×20リットル)2,860円

2月14日
医療費 血液検査 11,988円
その他 ドッグフード代 7,275円

2月22日
医療費 去勢手術一式 49,390円


☆保護犬No.83 ファルコ

3月18日
その他
ガソリン代 @133×40リットル
(西宮市⇔高松市)
5,000円


☆保護犬No.84 レイ

3月5日
医療費
4,220円

3月5日
その他 フード代
1,134円

高速代(宝塚⇔福知山)
3,720円

ガソリン代(@128×20リットル)
2,500円

☆保護犬No.85 のどか

2月24日
医療費 
血液・尿・フィラリア検査、8種混合ワクチン
16,524円

その他
ドッグフード代 5,195円

2月26日
その他 
リード&首輪
2,764円

高速代(宝塚⇔福知山)
4580円

ガソリン代(@128×20リットル)
2,500円

3月9日
医療費
外耳炎 耳垢検査、外用薬、内服薬、その他
3,564円

3月16日
医療費
外耳炎 処置、外用薬、内服薬、その他
4,622円

3月21日
医療費
レントゲン検査、その他
5,400円


☆その他

3月5日
その他 振込み手数料
216円

3月5日
その他 フード代
7,275円

3月18日
その他
ひょうごアニマルサークル年会費
10,000円

3月22日
通信費 サーバー・ドメイン使用料
7,862円
その他 支払手数料
324円


ご支援、ご協力に感謝申し上げます。




 
- comments
- trackbacks

ファルコあらためニモ君、

素敵な家族と10歳のお誕生日を迎えました。



ますます元気に楽しくすごしてね。


 
- comments
- trackbacks

新たに朔(さく)ちゃんと言うお名前ももらいました。

表情も柔らかくなり、飼い主さんにべったりです。
アクティブなところはまだ見られませんが、撫でてもらってご機嫌に過ごしているそうです。



のどかに家族が出来ました。

新しく朔(さく)ちゃんと言うお名前ももらいました。

表情も柔らかくなり、飼い主さんにべったりです。
アクティブなところはまだ見られませんが、撫でてもらってご機嫌に過ごしているそうです。



朔とは新月のこと。
ものごとのはじまりの意味もあり、新しい犬生のスタートにピッタリの名前です。



少し回り道をしたけれど、これからの毎日を笑顔ですごせるように応援しているよ。



おめでとう♪