- comments
- trackbacks

昨日、家の近くで迷子のボーダーコリーを保護しました。



結果から言うとこの子は飼い主さんが警察に迷子届けを出していたので
無事、おうちに帰れました。

この子のおうちはわが家から2キロ近く離れていて
途中には国道や踏み切りもあり、車の往来も激しい地域です。

私が保護して飼い主さんにお返し出来たのが
奇跡のように思えて来ます。



放っておいてもそのうち帰って来るだろうは、ありません。
事故で命を落とすこともありますが、
運良く誰かに保護されて警察などに届けられても
飼い主が見つからなければ殺処分されてしまうこともあります。


どうか迷子にしないでください。


雷や花火に驚いたり、メスのヒートに誘われたり、
玄関を開けた隙間からすっと飛び出したり、
ちょっとした油断で迷子にしてしまうこともあります。
鎖や首輪、リードが劣化していないかチェックをして
首輪に迷子札をつけたり、連絡先を縫い付けたりするのも
大事なことかも知れません。


ちなみにわが家の場合、室内ではハーネスを外しているので
連絡先の刻印されたチョーカーをしています。



万が一、迷子にしてしまったら必死に探してください。
地域の警察や動物愛護センターに連絡するのは当然ですが、
市や県をまたぐような地域にお住まいの方は
近隣のそういった機関にも届けを出してください。

ポスティング、ペットショップ、新聞配達や宅配便の方、
獣医さんへの連絡、インターネットによる拡散など
とにかく多くの人に声をかけることで
気にかけてくださる方もいらっしゃいます。




子どものように可愛い愛犬なら

子どものように目と手を離さずに。


 
スポンサーサイト

卒業っ子たちの応援に。

マルシェです。