- comments
- trackbacks




ぽかぽかしたひだまりのような笑顔の優しい女の子でした。
なんでこんな愛らしい子が繁殖の道具として
酷使されなければならないのか、憤りを感じます。

ロビンの保護の経緯はこちら→ロビンのレスキューについて


でも最後の一年ちょっとは、おだやかになんの心配もなく
大好きな家族と幸せに暮らしました。

ネロの厳しく優しいお姉さんでもありました。
ネロがもう帰って来ないと確信して安心したのかな。

もし、また人間と暮らしたいと思ってくれるなら
今度はあなたの誕生を心から待ち望んでくれる
家族のもとに生まれておいでよ。


ありがとう、ロビン。

 

スポンサーサイト

リュークを保護しました。

ネロ、トライアルに入りました

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。