- comments
- trackbacks

ブリーダー廃業と言うことでレスキューしました。

BCF単独でなんとか出来る頭数を超えているので
ひょうごアニマルサークルさんにご協力いただいています。

と言うより、ほとんどお世話になっています。

オス 3頭。

最初、なにかの雑種かなと思いましたが
よく見るとこの顔はボーダーコリーです。
掛け合わせてはいけない親から生まれた
ダブルマールだそうです。





メス 3頭。
性格の良い子たちですが皮膚の状態がよくありません。







他の犬種も一緒にレスキューしました。

スタンダードプードル 3頭。


オーストラリアキャトルドッグ。


さんざん人間に利用されてきたのに人間を見るとシッポを降ります。


明日、この子たちのシャンプーをして
未来のことを考えて行きたいと思います。


知って欲しいのは、

こんな状態の子が日本中にたくさんいると言うこと。
狭い檻に閉じ込められ、ノミやダニなどお構いなし。
毛に糞尿をたくさんつけて皮膚は赤くただれ、
目や喉に染みるような異臭を放つこの犬たちの子どもが、
キレイなショーケースに並べられて
ペットショップで売られているのです。

このボーダーコリーの子どもたちは、レアカラーなんて言われて
稀少種として売られているかも知れません。

おかしいと思いませんか?


 

スポンサーサイト

暑サニ負ケズ

アナを保護しました。