- comments
- trackbacks

また残念な報告をしなくてはなりません。


ロビンが末期の肺がんと診断されました。



地獄のような繁殖場からやっと自由になれたのに
本当に残念で悔しいです。


ロビンは少し咳が出てきましたが、
食欲も旺盛で元気に過ごしています。


ロビンはホストファミリーさんが
「保護犬ではなく、家庭犬として看とりたい」と
言ってくださいましたので託しました。

1日でも長く安らかな時間が続くようにと願うばかりです。

BCFはサポートしながら、ロビンの余生を
見守りたいと思います。


ご理解、ご協力をお願いします。

 
スポンサーサイト

【解決!】迷子の飼い主さんを探しています

ジョー、トライアルが中止になりました。