- comments
- trackbacks


*動脈管とは

赤ちゃんがお母さんのお腹の中にいる間、
赤ちゃんは呼吸をしないので、肺に血液を送る必要がありません。

動脈管は大動脈と肺動脈を結び、
胎児は肺を介さず胎盤から酸素をとりこむため
心臓から肺への血液の流れをほとんど必要としません。

そして生まれるとまもなく肺から酸素を取り込むとともに
血液の流れがかわるため、不要となった動脈管は閉じる仕組みになっています。

しかしこの動脈管がなんらかの理由で閉鎖せず
血液の流れる異常血管として残ってしまうことがあり、
この心臓病を、動脈管開存症「 Patent Ductus Arteriosus(PDA) 」と呼びます。


*診断は

見た目には発育不良・咳・呼吸困難・食欲不振などの症状が出ますが、
症状がないまま見つかるケースも多々あるそうです。

聴診で連続性雑音というものが聴取されます。
(病気のステージによっては聞こえないこともあります)
ワクチン接種時の健康診断で見つかることが多く、
子犬を連れていくと獣医さんが聴診器を当てるのは、
こういった先天性の病気を見つけるためなのだそうです。

心電図、胸部レントゲン、心臓超音波などの検査により
PDA を確定診断し、心臓病としてどれくらいのステージか、
これからの進行などさまざまな判断をします。


*治療は

血管拡張薬や利尿剤によるないか治療で状態をよくすることは出来ますが、
薬では完治は望めません。

一番の治療法は開胸して動脈管を結紮する外科手術です。
この手術は根治手術(正常な心臓に戻すこと)なので
診断後できるだけ早い時期に実施することが望まれます。

ただし動脈管を分離して結紮するには、
大動脈と肺動脈に隣接するこの動脈管を慎重に剥離していく必要があるため、
難易度の高い手術になります。
(手術に多少のリスクが伴うのはどの心臓手術でも同じです)

また胸を開けず大腿動脈からカテーテルを入れて
コイルというものをいれて閉鎖させる手術法もありますが、
コイル塞栓術は体が小さすぎたり、動脈管の形が不適当だと実施できません。
透視装置、カテーテルなど特殊な器具が必要になるため
大学病院や大きな病院に限られてしまいます。

*最後に

動脈管を結紮すれば、その後の犬生を普通に生活できます。

しかし治療をせずに動脈管が開存したままだと
1 ~ 2 歳でうっ血性心不全や肺水腫を起こし、
3歳までに亡くなってしまうケースがほとんどだそうです。

また診断が遅れて病期が進行してしまった場合は
手術ができずに手遅れになってしまうこともあります。

なにごとも早期発見・早期治療ですね。
スポンサーサイト

COCOを保護しました。

“ルイルイパーティ2010冬”のお知らせ